統合失調症でも生きてる

イノセンスの咲く丘で

俺はバカ

俺はどうしようもないくらいバカらしい、自分の幸せを大切にしてこなかった。




大切な人を守る事も出来ずに、ただ口をアングリ開けてだまって見ているしかできなかった。




あなたは人生の宝探しを、誰とするだろう。隣にいる人は、あなたに優しいですか?




大切なものを守るためと言い、争いが始まる。




憎しみに勝てるだろうか?悲しみには?




争いの中では悲劇しか生まれない、あの日見た夢は居ない。




誰だって自分が主人公なんだ、誰もバカには出来ない。




どんな人にだって人生がある、それは誰にも譲れない葛藤。




あなたが睨んだあの人にも家族が居て、愛する人が居るだろう、ともに笑い過ごす郷里の友が居て、師が居る。




みんな幸せになりたいだけなんだ。




人の命をもてあそぶ、魂を悪魔に売った人間。




それが指導者に肩入れをする時、人の世は地獄になる。




硝煙の血の池を泳ぐ悪魔が、撃鉄を振り下ろす。




もう繰り返すだけの歴史はウンザリだ、新しい未来が欲しい、輝ける明日が。




今日という業を生き抜くだけの人、今日を生きる。




俺はバカ、何も出来ないで死んで往く俺を許して欲しい。




この贖罪の日々を生きて、あなたと向き合う勇気もない。




だからどうかせめて、ステキな夢を見ていたい。




ときめきに胸を熱くさせるマボロシを。