統合失調症でも生きてる

イノセンスの咲く丘で

日本は永久に敗戦国でいい

今年も8月15日が来る。




お盆には多くの仏様が天界から地上へ降りてくる。




あの戦争で多くの日本人が命を落とした。




私たちのご先祖様が命を犠牲にして平和の尊さ、命の大切さを教えてくれたのに。




靖国神社へ参拝に行き、国の為に戦ってくださった英雄とあがめて。




いつまでもこの日本が敗戦国でいいのかと問う若者。




敗戦の傷は今でも癒えてはいないのに・・・




歴史は繰り返すのだろうか。




戦後GHQが仕組んだ平和憲法が巨悪だという根拠は何だ。




例え強国アメリカの言いなりにさせられても、争いのない国がいい。




右翼が言う、平和憲法のおかげで中国ソ連に責められなかった幻想は。




日本平和憲法が戦争抑止力になった証じゃないか。




戦争をする国でも、軍事紛争は世界からパッシングを受けることをよく知っている。




順番が逆だから右翼の思い通りに事が進んでいる。




憲法を改正して自衛隊を戦闘行為が出来るようにさせるのは、中国の思惑通りになることを安部は知らない。




中国軍と対等にやりあえるくらい、自衛隊を軍拡させたら、日本は軍事大国になる。




平和ボケで何が悪い、戦争を肯定する日本人のほうが異常だ。




自衛せねば奪われるって、いつから日本人は軍隊を認めるようになった。




戦争は悪、はっきりと解っている事実なのに・・・




強い日本を取り戻してはならない。




日本は再び悲劇を味わう国となる、日本はそういう国だ。




日本は永久に痛みを知っている敗戦国のままでいいい。