統合失調症でも生きてる

イノセンスの咲く丘で

いじめは卑怯な人間のすること

子供の頃でしたかな。中学生の頃。




クラスの女子と男子4,5人で新任の副担任の男性教師のことを。




「あいつ生意気だ、いじめてやろう」と言って策略をしていました。




その副担任の授業中に、ひとりが筆入れを落としたら一斉に周りの皆が筆入れを落とそうという計画。




自分は聴いているだけで何も口出ししませんでした。




「おいおいそりゃ卑怯者のすることだろう・・・」と言いたかった。




計画通りにいじめは実行されました。すぐに先生が異常に気付き。




「いまわざと物を落としたものは立ちなさい!!」と怒りました。




自分の周りの席にいる男女が全員立ちました。




自分の正義感が許しませんでした。結託して少数の人間をいじめるなんて卑怯な人間のすることだ。




命令されたって自分はしないだろう。




いじめは人間の持つ醜い部分の一つです。誰にも見せたくはありません。




舛添前東京都知事を皆で団結して辞めさせたのもいじめです。マスコミが先導します。




もう今は病気で亡くなってしまったけれど、小さいころから学校でいじめられていた女子がいました。




自分たちの小学校の村の同学年は団結力があると、中学で有名だったけど。




団結して悪いこともしました。いじめです。だから自分はその団結の中へ入らなかった。




仲間はずれを作って村の団結力を強めるというのなら、自分はどこまでも反抗します。




だから子供の時の通信簿には必ず、協調性がないと書かれました。




何回も上履きや下ばきや教科書を隠されたりしたけど、別に悔しくなんかなかった。




ただ、自分がされて困ることは人にしちゃいけないってことはわかっていた。




そうそう、小学校1年生の時にテレビドラマの「われら青春!」を毎週見てひとりで感動して号泣していました。




高校生活はこんなにも熱くて素敵なものなのか。と勝手に想像していた。




ところが実際の高校は、無気力で無関心で青春とはとても呼べないつまんないものだった。




ツッパリの同級生にノートに死ねとかバカとかマジックで書かれたけど、器のちっちゃな奴だなくらいにしか感じなかった。